がんと予防

医学の進歩が著しくても、がんは、まだまだ完治できる病気とはなっていないようです。
もちろん、三大治療というものがあり、手術、化学療法、放射線療法がベースになっているようですが、それで確実に治癒できる、というものではないようです。
しかし、がんの特徴などは、解明されてきているようで、それの影響もあるためか、がんは、生活習慣病の一種ともなっています。
生活習慣病とは、その名の通り、生活のあり方と密接関係した病気であり、肥満や糖尿病なども含まれます。
予防について、がんの専門センターなどが喚起していますが、それは、生活とも関係しているようです。
たとえば、甘いものを食べすぎたり、あるいは、アルコールの過度な接種は、がんを誘発するようです。
また、たばこに関しては、肺がんとの関係が、すでに1960年代に国際機関から公式発表され、その後、禁煙運動が世界中に普及していったようです。
このため、禁煙も、がん予防の一つとされてます。
さらに、たばこの場合、吸っている人はもちろんのこと、副流煙の問題もあり、公共の場所では、基本的に禁煙あるいは分煙となっているのが、通例のようです。
あるいは、不規則な生活も、がん予防の観点からは、是正すべきもののようです。
不規則な生活をしていれば、それだけ新陳代謝が狂ってしまい、体のバランスが悪くなるようです。
それが、自己細胞が変化した特徴を持つというがん細胞を誘発してしまう可能性があるようです。
いずれによ、きちんとした生活を続けることが、がんのみならず、生活習慣病を予防することにもつながるようです。
ちょっと疲れたな、と思ったら、自分の生活を見つめ直してみることも、大事なことかもしれません。
もちろん、予防したからと言って完璧なこととは言えず、がん保険への加入も、大切になります。
Copyright (C)2018ガン保険の保障範囲について〜その症状・その治療法は大丈夫?〜.All rights reserved.