三大疾病もある

医療保険の中には、病気に特化したものがあり、がん保険が、まさにそれに該当します。
がんを対象とした保険であり、入院保障はもちろん、特定の治療費に関しても、保障対象となっています。
しかし、医療保険においては、がん保険ばかりでなく、病気に特化したものがあります。
それが三大疾病保険となっています。
三大疾病の中には、がんも含まれますが、それ以外に、心臓疾患と脳卒中があります。
三大疾病と名づけられた由縁は、三つの病気が、現代日本人と深く関係しているからです。
すなわち、現在の三大死因となっています。
中でも、がんが死亡原因の第一位であり、そうであるからこそ、がんのみ、独立した保険が提供されているとも言えます。
とにかく、三大疾病保険は、がん、心臓疾患、脳卒中を対象としたものであり、がん保険と共通したものがあります。
もっとも、医療保険であるため、入院保障がベースになっていることは確かです。
しかし、対象のがんの種類が、制限されている可能性もあります。
あるいは、がん保険であれば、先進医療を受診した場合、治療費が保証対象となり、給付金が支払われるようになります。
けれども、三大疾病保険においては、それがない可能性もあるため、この点は、きちんと確認すべきでしょう。
では、がん保険と三大疾病保険のどちらに加入したら、有益なのでしょうか?
それは、結局、自分の環境などを踏まえ、決定すべきことなのでしょう。
三大疾病とも、生活習慣病の一種でもあり、現代社会と深い関わりがあります。
自分の生活を見つめ直してみることもまた、もしかしたら、どちらの保険に決定すべきかの選択基準が見つかるかもしれません。
Copyright (C)2018ガン保険の保障範囲について〜その症状・その治療法は大丈夫?〜.All rights reserved.