加入時に確認すべきこと

保険で大事なことは、加入時に保障内容などをきちんと確認することです。
がん保険であれば、対象のがんの種類などが、重要になるでしょう。
もちろん、給付金の類も、しっかりみておくべきことは、すでにこのサイトでお話しています。
しかし、がん保険に加入する際は、商品そのものの内容以外でも、確認すべきことがいくつかあるようです。
たとえば、家族と暮らしているのであれば、家族全員で加入することも、選択肢のようです。
これは、割引対象ともなり得るようで、保険料が安価になる可能性があります。
あるいは、子供がまだ小さいというのであれば、夫婦で加入し、夫婦特約などを付ければ、保険料割引ともなるようです。
しかし、割引などがあるとしても、商品によっては、家族の人数分の保険料を支払うため、コストがかさんでしまうという欠点もあります。
さらに、夫婦特約で十分であろうと思っても、子供ががんに罹患する可能性もあります。
そうなれば、保障対象外となります。
もっとも、子供の場合も、公的医療制度が適用されるため、小児がんであれば、申請を行うことで、治療費の免除などが適用されます。
また、単独加入でないケースでは、特約を付けることで、本人以外が保障対象となります。
特約は、別途の契約のようですが、主契約に従うため、主契約終了とともに、特約も有効でなくなります。
したがって、本人がついうっかり特約があることを忘れ、がん保険を解約し、その後に家族ががんに罹患しても、当該がん保険が利用できないことになります。
さらに、保険は、受取人を設定する必要があり、損害保険などであれば、当人が受け取るようになります。
がん保険の場合、当人ではない可能性も発生するため、受取人も、きちんと決めておくことも大事でしょう。
いずれにせよ、がん保険においては、確認すべきことがいくつかり、なおかつ、重要な決定事項がいくつかあるということもまた、事実のようです。

話題になっているがん保険の参考になるネタはすぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2018ガン保険の保障範囲について〜その症状・その治療法は大丈夫?〜.All rights reserved.