がんの完治へ向けて

がんがまだまだ完治できない病気であることは、ここでも時折触れて来ました。
三大治療があるとは言っても、それらが完璧なものではなく、過去の蓄積から出来上がったものであることは、否めない事実かもしれません。
そうであるからこそ、がん保険の存在意義もあるのかもしれません。
保険は、もしもの際の備えであり、完璧でないからこそ、加入が大事とも言えます。
入院保障はもとより、そういう不完全な治療を象徴しているかのように、がんでは、先進医療を受診できます。
これは、研究段階の治療とも言えますが、最先端の知識や技術を使ったものであり、治癒の可能性もあります。
しかし、研究段階ということで、健康保険の対象ではなく、治療費は全額自己負担です。
そのため、がん保険の保障対象となっています。
これもまた、安心感を得ることができるでしょう。
そうは言っても、がんは、完治に向けた研究が続けられ、解明も進んでいるようです。
たとえば、がんが自己細胞の変化したものであり、死なない細胞としても有名です。
そうであるからこそ、免疫をすり抜けると言われています。
また、遺伝子との関係もあり、特定の遺伝子が壊れることで、がんを誘発することもあるようです。
おそらく、今後も、何らかの解明がなされていくことでしょう。
いずれにせよ、がんのような病気があるからこそ、がん保険の意義があります。
未完全なものがあるからこそ、保険があり、その象徴的なものが、がん保険であるのでしょう。

話題になっているがん保険の参考になるネタはすぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

  • Unique hairpieces at this website.Choose from 12 colors for natural looking volume.Easy to use!
Copyright (C)2018ガン保険の保障範囲について〜その症状・その治療法は大丈夫?〜.All rights reserved.